SCM Manager を デーモンとして起動する。

SCM Manager を CentOS 6.5 にインストール で書いた SCM Manager の起動方法についてはすこしごまかして書いていました。というのもそのままではデーモンで起動しなかったからです。対処方法がわかったので追記します。

SCM-Manager Wiki の daemons に以下のように記載されています。
Unix Daemons
You could run scm-server in background as unix daemon with one simple command:
scm-server start

If you would like to stop the running daemon instance just call:
scm-server stop
しかし、CentOS 6.5 では以下の通り動作しませんでした。

$ sudo /opt/scm-server/bin/scm-server start
Cannot locate Java Home

JAVA_HOME が設定されていないことが理由のようです。 https://issues.jboss.org/browse/JBEWS-223 と同じでしょうか。

ここでは scm-server スクリプトを直接編集して JAVA_HOME を指定します。

$ sudo vi /opt/scm-server/bin/scm-server

ファイルの終わりの付近に JAVA_HOME="/etc/alternatives" を追加してみました。

  fi
 
# TODO JVM Arguments

  JAVA_HOME="/etc/alternatives"

  $JSVCCMD -cp "$CLASSPATH" $JAVA_OPTS \
    $EXTRA_JVM_ARGUMENTS $USER_ARGUMENT \

保存したら起動して確認してみます。

$ sudo /opt/scm-server/bin/scm-server start

ブラウザーで開けるようになっていたら成功です。



起動時に自動的にデーモンが開始するように /etc/rc.local の内容を変更します。

$ sudo vi /etc/rc.local

以下の内容に変更

# SCM MANAGER
/opt/scm-server/bin/scm-server start

これでデーモンとして起動できました。SCM Sever の開始や終了をコンピューターの再起動なしでコントロールすることができるようになりました。

コメント

このブログの人気の投稿

CentOS 6.5 でシリアルポートに接続する方法

バイナリーファイルを C 言語の配列で出力