CentOS 6.5 を Hyper-V にインストール (2)

CentOS 6.5 を Hyper-V にインストールの続きです。


インストールが終わった直後はネットワークが有効になっていません。

アイコンをクリックして System eth0 を選択します。

アクティブになりました。

このままでは起動するたびにこの操作をしなければならないので、起動時に自動的に有効になるように設定します。

ネットワークのアイコンを右クリックしてコンテキストメニューを開き、接続を編集する... を選択します。

ネットワーク接続のダイアログから System eth0 を選択し、編集... を押します。

自動接続する(A) をチェックして 適用... を押します。

root のパスワードの入力を求められるのでインストール時に設定したパスワードを入力し、認証する(A) を押します。

これでネットワークが自動的に接続するようになりました。

これまでのように Hyper-V 用に特別な設定が必要なくなりました。

ネットワークが有効になったのでアップデート通知が来ました。とりあえずインストールしておきます。

コメント

このブログの人気の投稿

CentOS 6.5 でシリアルポートに接続する方法

バイナリーファイルを C 言語の配列で出力