リモートデスクトップ接続で CentOS 6.5 のファイアーウォールが実行できない。


xrdp をインストールしたので少し使ってみていますがファイアーウォール (system-config-firewall) を起動すると
org.fedoraproject.slip.dbus.service.PolKit.NotAuthorizedException.org.fedoraproject.config.firewall.auth:
というメッセージが出て操作できませんでした。

system-config-firewall from remote machine にその対策がありました。PolicyKit で使用権を与えればよいようです。

/etc/polkit-1/localauthority/50-local.d の下に以下のファイルを作ります。
ログイン名を yourname としている場合です。

ファイル名:

50-firewall-yourname-access.pkla

内容:

[Allow yourname remote access to system-config-firewall]
Identity=unix-user:yourname
Action=org.fedoraproject.config.firewall.auth
ResultAny=yes
ResultInactive=yes
ResultActive=yes

これでファイアーウォールの編集ができます。

... root のパスワードも聞かれなくなってしまいましたね。

コメント

このブログの人気の投稿

CentOS 6.5 でシリアルポートに接続する方法

バイナリーファイルを C 言語の配列で出力