Debian 7.8 と Windows の名前解決

CentOS 6.5 で Windows の名前解決で行ったように Debian Linux でも同じように名前でアクセスできるようにします。

ファイヤーウォールの設定

インストールしておいた gufw を使用します。+ をクリックしてルールを追加します。


samba を許可します。
Service > Samba を選んで、追加をクリックします。


Debian ⇒ Windows

1. /etc/nsswitch.conf の hosts のエントリーに wins を追加します。

$ su
パスワード:
# vi /etc/nsswitch.conf

hosts:        files mdns4_minimal [NOTFOUD=return] dns mdns4 wins

2. winbind をインストールします。

# apt-get install winbind

3. nmblookup コマンドや ping コマンドで名前解決ができているか確認します。

Windows ⇒ Debian

1. Samba をインストールします。

# apt-get install samba

インストールと同時にサービスが開始されます。

2. Windows から ping コマンドや net コマンドで名前解決ができているか確認します。

おまけ

名前解決ができているのに firefox や lceweasel のアドレスバーにホスト名を入力すると勝手にwww.と.comを補完されて面倒です。この振る舞いは設定で無効にできます。

1. アドレスバーに about:config と入力
2. browser.fixup.alternate.enabled = false に設定

(http://easyramble.com/disable-auto-complete-on-firefox-location-bar.html を参考にしました。)




コメント

このブログの人気の投稿

CentOS 6.5 でシリアルポートに接続する方法

バイナリーファイルを C 言語の配列で出力