Xubuntu 12.04 から Windows へリモートデスクトップ接続


Xubuntu 12.04 へリモートデスクトップ接続 で Windows から Xubuntu へのリモートデスクトップ接続を行っています。いまのところ大きな問題はなく利用できてきます。

今回は逆に Xubuntu から Windows への接続を試してみます。

まず、Xubuntu に 「Remmina リモートデスクトップ・クライアント」をUbuntu ソフトウェアセンターからインストールします。
メニューから「Remmina リモートデスクトップ・クライアント」を起動します。
「接続(C)」「新規(N)」を選択します。


プロトコルはRDPを選択します。ワークグループの場合、サーバー名、ユーザー名、パスワードと解像度、色数を指定して「接続(O)」をクリックします。


初めての接続の場合、次のダイアログが開きます。「OK(O)」を押します。


今回は Windows Server 2008 R2 に接続できました。


RDPを使用しているので Windows 側にはアプリケーションを入れなくてもよいので接続先を選ばず、便利です。

RemoteFX接続もできるようなのですが、対応グラフィックスカードを持っていませんので確認できませんでした。


コメント

このブログの人気の投稿

CentOS 6.5 でシリアルポートに接続する方法

バイナリーファイルを C 言語の配列で出力