Java ランタイムの入れ替え

CentOS 6 にインストールしてあった RedminePlantUML プラグインを入れようとしたのですが、動作しませんでした。




結局のところ問題だったのは java のランタイムが gcj だったことのようです。そこで java のランタイムを入れ替えることにしました。

実は

# yum update java

とやっても gcj が存在するので openjdk はインストールされません。ですので

# yum install java-1.8.0-openjdk

としてやる必要はありました。

ランタイムの切り替え方

これ重要。シンボリックリンクを書き換えるのではなく

# alternatives --config java

とやるとリストが表示されるので使用したい方のランタイムを選ぶだけ。これなら簡単に元にも戻せます。

# java -version

で openjdk 版に切り替わっていることを確認。
PlantUML が動作することも確認できました。

PlantUML Plugin のインストール


https://www.redmine.org/plugins/plantuml
http://developer.aiming-inc.com/other/redmine-plantuml

上記のサイトの通りで特に問題なくできました。コピーしたファイルのオーナーを書き換えたくらいです。

コメント

このブログの人気の投稿

CentOS 6.5 でシリアルポートに接続する方法

バイナリーファイルを C 言語の配列で出力