Google Test 1.7.0

CentOS 6.5 で Google Test 1.7.0 を使えるようにします。
といってもそれほど難しくありません。

https://code.google.com/p/googletest/ にアクセスし Downloads を開きます。
gtest-1.7.0.zip をクリックしてダウンロードします。

指定のフォルダーへ展開します。展開先の親フォルダーとなるところを指定するとその下に gtest-1.7.0 というフォルダーが作成されます。以下はホームフォルダーに展開する例。

$ unzip gtest-1.7.0.zip -d ~

展開後はこんな感じ

$ cd ~/gtest-1.7.0/
$ ls
CHANGES         CONTRIBUTORS  Makefile.am  README      build-aux  codegear   configure.ac  include  make  samples  src   xcode
CMakeLists.txt  LICENSE       Makefile.in  aclocal.m4  cmake      configure  fused-src     m4       msvc  scripts  test

README ファイルに従って libgtest.a を作成します。

$ gcc -isystem ~/gtest-1.7.0/include -I ~/gtest-1.7.0 -pthread -c ~/gtest-1.7.0/src/gtest-all.cc
$ ar -rv libgtest.a gtest-all.o




Google Test は C++ 用のテストフレームワークですが、extern "C" を使うことと C と C++ の違いを意識すれば C 言語でもテストできるので便利です。

コメント

このブログの人気の投稿

CentOS 6.5 でシリアルポートに接続する方法

バイナリーファイルを C 言語の配列で出力