mv とパーミッション

Linux の mv コマンドでディレクトリーの名前を変えられるんですが、これを禁止したいのでディレクトリのパーミッションを 555 に設定したのに全然変更できてしまいます。

実際に禁止させるには親ディレクトリーのパーミッションを 555 に変える必要がありました。

ご存じの方は当たり前かもしれませんが、このふるまいはちょっと驚きました。

コメント

このブログの人気の投稿

CentOS 6.5 でシリアルポートに接続する方法

バイナリーファイルを C 言語の配列で出力